Business
Public
購読お申し込み
スペース

予知防犯対策の重要性 今なぜ防犯対策が必要なのか?

Business

耐震、防火、そして防犯が 住宅関連事業のキーワードだ。

これまでの住宅関連事業は、耐震、防火を主流に力を注いできたが、ここにきて防犯の重要性が一気に高まりを見せている。

これからは、防犯対策が企業の浮沈を左右するといっても過言ではない。特に予知防犯対策は、単に顧客のニーズを満足させるというだけではなく、企業のリスク管理、 新しい商品やシステムの開発、社員のモチベーションアップなど幅広い企業活動に直結するノウハウであるからだ。

『予知防犯対策』とは

今後どんな犯罪被害に遭う可能性が高いかを予測し、被害に遭う前にとる防犯対策のこと。

防犯対策がもたらす効果

リスク管理に役立つ

企業は今後、社内向けの防犯対策と顧客向けの防犯対策に迫られる。社内向けの防犯対策の必要性は、いま、企業は金銭はもちろん情報が狙われ、侵入犯罪を許してしまうと信頼まで失うことになるからだ。

顧客向けの防犯対策の必要性は、住宅メーカーなどの場合、犯罪を防ぐことが出来なかったとき、その責任を住宅メーカーが取らなければいけない時代が来るからだ。企業にとって防犯対策とは、リスク回避に欠かせないノウハウになるのだ。

市場拡大に効果抜群

防犯対策が売上を拡大させる理由は、実に簡単なことだ。それは、誰でも命や財産を守りたいからに他ならない。人は安心・安全を手にするとき、高価なものほど信用できると考える。つまり、防犯ビジネスは、企画力、提案力、商品力で勝負できる商材になってきているのだ。

最近、信じられない凶悪事件が頻繁に起こる。

今こそ、防犯対策で顧客の信頼を勝ち取るチャンスだ。
防犯ノウハウを修得して、新しい防犯商品やシステム、サービスを開発してみてはいかがだろう。 企業価値を高め、売上拡大に貢献できるのは、私が提唱する『予知防犯対策』なのだ。

防犯対策をビジネスに活用したいとお考えの人は講座へどうぞ
ライン